子供の虫歯菌対策にブリアンは有効か - 子供の虫歯菌対策Navi

子供の虫歯菌対策にブリアンは有効か

最近、ブリアンという歯磨き粉が子供の虫歯菌対策に有効であると注目を集めています。
この歯磨き粉を他の歯磨き粉と比較したときに最大の特徴となるのが、虫歯の原因となるミュータンス菌の増殖を抑えるための別の細菌を含んでいる歯磨き粉である、というポイントです。

よく腸内細菌でも、善玉菌と悪玉菌という言葉を聞きますよね。
口の中も腸内と同じで、いわゆる善玉菌と悪玉菌がバランスをとって生態系を形成しています。
このバランスが乱れて善玉菌が優勢になった場合、虫歯になるのです。
つまり、虫歯菌というのは外部から突発的に侵入する細菌ではなく、常日頃から私たちの口の中に住みついている細菌なのです。
このように普段は無害な常在菌がバランスを崩したり、人間側の変化によって適応能力に異常が起きたり、常在菌との共存関係に異常が発生して起こる疾患を日和見感染と呼びます。

ブリアンという歯磨き粉は、乱れた常在菌のバランスを強引に正してしまうことを目的としています。
BLIS M18といういわゆる善玉菌を塗布することでいわゆる悪玉菌であるミュータンス菌の活動を強制的に抑え込むのです。
このBLIS M18の効果は医学的に認められており、実際に歯医者でも使用されることがあります。
専門家お墨付きの歯磨き粉であり、子供の虫歯対策にも有効と言えるでしょう。

ただし、効果が大きいだけに注意するポイントもあります。
腸内細菌と同じように、口腔細菌もバランスが重要です。
いわゆる悪玉菌だからと言って、安易に減らすとバランスが崩れてしまい、感染症などの原因になってしまうこともあります。
この歯磨き粉を子供の虫歯菌対策に使用する場合は、まず歯医者さんに相談し、その指示のもとで使用することがおすすめです。